今さら聞けない!ecサイトって実際のところなんなの?

ecサイトとはインターネット上で商品を販売するサイトのこと

ecサイトのecとはelectronic commerce(エレクトロニック・コマース)の略称であり、電子商取引を意味します。つまり、ecサイトとはインターネット上のwebサイトを店舗とし、商品やサービスを販売するサイトのことです。
ecサイトの始まりは諸説ありますが、一般的には1994年に米国で公正な取引を行うサイトがオープンしたことが始まりであったといわれています。現在では企業だけでなく、個人の方もec業界に参入するようになりました。また、単独の店舗だけでなく、多くの店舗を収容しているモールのようなecサイトもあり、消費者にとって商品を購入する選択肢の1つとしてecサイトが挙げられるのも一般的となっています。

商品販売だけではない付加価値も

近年ではモノを売るだけでなく、サイト内のコンテンツを充実させて1つのメディアとして注目されるecサイトも増えてきました。
あるecサイトでは雑誌のように読めて楽しむ場をテーマに、スタッフによる商品レビューや活用方法をコラムにして掲載しています。コラムを読んで商品が気に入ったらすぐに購入手続きができる簡単さが人気を集めています。
家具のインテリア写真を掲載し、そのインテリアに使用した家具をまとめて購入できるマネキン買いのシステムを導入したecサイトもあります。掲載されたイメージどおりに部屋を飾ることができるのがこのサービスの魅力です。
このように、商品販売以外の付加価値を生み出すecサイトがより顧客を獲得する傾向にあります。